トップページ > 記事閲覧 
「トップガン」
投稿日 : 2005/07/05 09:25
投稿者 久保田r
参照先
<スタッフ>
監督:トニー・スコット
音楽:ハロルド・ファルターメイヤー
製作:ドン・シンプソン/ジェリー・ブラックハイマー
脚本:ジム・キャッシュ/ジャック・エップス・ジュニア
字幕:戸田奈津子

<出演>
トム・クルーズ/ケリー・マクギリス/ヴァル・キルマー/アンソニー・エドワーズ/トム・スケリット

<ストーリー>
直感に頼るパイロット、マーヴェリックは、世界最高のパイロットを養成する学校へ入る。各方面から集まったエリートパイロットたちに囲まれ、マーヴェリックは、パイロットとしての腕を磨いていく。

1986年 パラマウントピクチャーズ
記事編集 編集
Re: 「トップガン」
投稿日 : 2005/07/05 09:28
投稿者 久保田r
参照先
 80年代を代表する映画。政治的背景などは組み込まれておらず、娯楽的映画として痛快な気分を味わえる作品。タイトル、音楽、ラブロマンス、青春の挫折感など青年の成長ストーリーには欠かせない要素がバランス良くぎゅっと詰め込まれていて、青春ドラマを味わいたいという時に薦めることが出来る映画となっている。

 青春の疾走感が本当に詰まっていると思う。青年の体内から迸る熱情がF-14トムキャットという戦闘機に姿を借り、空を高速で疾走する姿はまさに壮快。映像も各メカのディティールがかっこ良く映し出され、自然とワクワク感が高まるようになっている。この映画に求めるものは、メッセージ色ではなく、格好良さと爽快感だと思う。

 俳優、スタッフにとって代表作と言える作品に出会えるのは本当に幸運なこと。『トップガン』は、トム・クルーズの大出世作となったが、演技は拙さが目立ちつつも、青春映画ということでそれも作品の一部となっている。トム・クルーズの他にも後に活躍している俳優がたくさん出演し、監督・トニー・スコットもこれが出世作。あらゆる方面から世にインパクトを残した映画だと思う。
記事編集 編集
件名 スレッドをトップへソート
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント





- WEB PATIO -